メンバー紹介-min.png
漢字-min.png
ひらがな-min.png

Tomoko Kaburagi, Ph.D

スポーツ・健康科学部健康科学科教授
管理栄養士・博士(学術)

略歴-min (1).png

・日本女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻 卒業

・日本女子大学家政学研究科食物・栄養学専攻 終了

・博士(学術)

・2001年~日本女子大学家政学部食物学科助手

・2010年~大東文化大学スポーツ・健康科学部健康科学科 講師

・2014年~大東文化大学スポーツ・健康科学部健康科学科 准教授

・2020年~大東文化大学スポーツ・健康科学部健康科学科 教授

​・2015年~2019年 理化学研究所システム糖鎖生物学研究グループ客員研究員

担当科目-min (1).png

(学部) 栄養学(基礎と応用)、栄養学(スポーツと環境、臨床)、栄養食品学、食品科学A、食品科学B、栄養と生体機能、心身の健康と食

(院前期) 栄養生理学演習、栄養生理学特論

趣味-min (1).png

スポーツ観戦、海外ドラマ鑑賞、温泉巡りなど

最近は健康維持のために色々運動しています。

大学時代は、ラクロス部に所属していました。

大学院-min.png
院生 郡司photo.jpg
学生2-min.png
学生名前.png
研究テーマ-min.png

香料が脂肪細胞機能に与える影響について

​特に和香料に着目して研究しています

学部生-min.png

4年生 8名、3年生 8名

進路.png

(就職先)

・食品会社(研究員/営業):伊藤園、武蔵野食品、日清医療食品、
               三菱BMLフードサービス、グレープストーン 他

・食品商社総合職

・フードサービス会社総合職:エーエムサービス

・官公庁(公務員):厚生労働省、杉並区、荒川区 ※食品衛生監視員として

・研究所研究員:食品衛生検査センター

・病院、医療系企業:一般財団法人日本健康増進財団、独立行政法人JCHO

・その他:メーカー、信用金庫など

(進学)

・ 青森県立保健大学(管理栄養士)

・ 大東文化大学大学院
​・ 海外留学 etc.

卒論研究テーマ-min.png

2020年

  • 生活習慣及び食品成分ヘスペリジンの摂取が冷え性に及ぼす影響  

  • 抹茶の品質によるラジカル消去率の違いについて

  • ナンバンモウが脂肪細胞に与える影響   

  • 食品衛生監視員公務員試験への挑戦~学習方法と試験対策について

2019年

2018年

  • 肥満モデルマウスにおけるシアル酸投与が与える影響

  • 皮膚UVB照射がマウスの肝臓脂肪蓄積に与える影響

  • 成長期に摂取した栄養素と児童の発達について

  • ​イミダゾールジペプチド摂取がバスケットボール選手の疲労および
    球技パフォーマンスに与える影響

2020年度卒論発表会写真①.jpg

日本肥満学会@神戸での発表

写真3-min.png

日本栄養食糧学会@静岡での打ち上げ

写真1-min.png
写真2-min.png

卒論研究の様子